>

薬だけでは治療できない時

生活に支障が出た段階

病気やケガの度合いによっては、自分で手術を受けるタイミングを選ぶことができます。
迷っている人は、症状が進行して日常生活に支障が出た段階で受けてください。
日常生活に支障が出ると、介護が必要になります。
すると家族の負担が増えたり、介護を専門機関に依頼したりするので、高額な費用が掛かってしまいます。

そうなるよりは手術を受けて、身体を元気な状態に回復させた方が良いでしょう。
また症状が悪化しそうだとわかったら、その前に手術を受けるのも良い方法です。
できるだけ手術は受けたくないと考える人が多いですが、投薬治療だけでは限界があります。
今は投薬治療を行っていても、いずれは手術を受ける可能性があると忘れないでください。

医師と話し合って決めよう

事前に、この段階になったら手術を受けると医師と話し合っておきましょう。
すると症状が急変した時に、医師はすばやく手術の準備に進めるので早期治療に繋がります。
また前もって決めることで、心の準備ができる面もメリットです。
急に手術をすることになると不安で、気持ちの整理ができないかもしれません。

大きな不安を抱えていると、それが肉体に悪影響を与えます。
病気が進行する原因になるので、安心した気持ちで手術を受けてください。
手術を受けることが決まったら、改めて具体的な内容を医師から聞きましょう。
手術をする目的や費用、時間などが重要なポイントです。
規模が大きい手術だとそれなりに費用が掛かり、手術後の入院期間も長くなります。


この記事をシェアする